MWデュアルリフト®

MWデュアルリフト®とは

2年前後で徐々に体内に吸収されるPCL(ポリカプロラクトン)から出来ているコグ付きの糸(突起のある糸)を使った、切らないリフトアップ治療です。ほうれい線やフェイスラインのたるみ、あごのラインをシャープに引き上げることができます。

  • MWデュアルリフト®は、組織を引き上げるためのリフトアップ糸と、引き上げた状態を維持するためのロック(固定)用糸を組み合わせて挿入します。ロック用糸を入れることで、従来の糸よりも長くリフトアップ効果が持続します。
  • また、糸の成分であるPCLはコラーゲン増生を高める作用が注目されており、シワや肌のハリの改善に使用されている成分です。(注入剤としてはエランセがあります。)糸は2年ほどで吸収されてゆきますが、糸を挿入した周囲にコラーゲン生成が促進されるため、糸が吸収されてゆくにつれ、徐々に肌にハリが出てきます。
  • MWデュアルリフト®で使用する糸は、よくある糸のように、糸に切れ込みを入れたコグではなく、プレス成型技術で糸と一体化させて作られているコグで、強度が強いため引き上げ力も強くなります。


施術後数日~1週間程度、腫れ・むくみが生じます。フェイスラインがすっきり引き締まるのに3~4週間かかります。また皮膚表面に、糸による皮膚のヨレ、くぼみなどがしばらく残ることがありますが、通常1~3か月で徐々に改善してゆきます。

術後のむくみが完全に取れ、糸によるヨレ・くぼみが馴染み、コラーゲンの増生により肌にハリが出てくるまで約3か月を要します。最終的な結果は3か月後になります。

※術後しばらくは、時々針を刺すような痛みを感じる、口が開けにくい、開けると痛いといった症状が出ますが、食事は普通にしていただけます。

入浴は当日より、メイクは翌日より可能です。

 施術料金(税別)

フェイスライン+頬(片側5本ずつ 計10本)¥250,000

フェイスラインのみ(片側3本ずつ 計6本)¥200,000

MWデュアルリフトプレミアム(本数・挿入部位おまかせ)¥300,000

追加(2か月以内) 

片側2本ずつ(計4本)¥60,000

追加(2か月目以降~)

片側2本ずつ(計4本)¥60,000

片側3本ずつ(計6本)¥150,000

術後 別途抗生剤・消炎鎮痛剤の内服薬1,000円かかります。

MWデュアルリフトの症例写真はこちらをご参照ください。

院長ブログ MWデュアルリフトの症例ご紹介です♪


上がMWデュアルリフト®の糸、下が一般的なスレッドリフトに使用される糸

いわきクリニック形成外科・皮フ科

いわきクリニック形成外科・皮フ科のホームページにようこそ。京都の長岡京市(阪急長岡天神駅徒歩3分)にあるクリニックです。診療内容:皮膚科一般・形成外科一般(外傷・皮膚腫瘍など)・美容皮膚科(シミ治療・あざ・タトゥー除去など)。院長の得意分野は、フィラー注入(ヒアルロン酸注入・ヒアルロン酸注射)・ボトックスです。フィラー注入に関しては、医師向けの教科書執筆・技術指導講師・学会での講演など多数あり。